汎用自律衛星
運用システム

Satellite System

  • TOP
  • 汎用自律衛星運用システム

汎用自律衛星運用システム(MLOS: Multi-spacecraft Lights-out Operation System)は、宇宙機の運用においてダウンリンクからアップリンクまでの一連の運用ワークフローをend-to-endで自律的に行います。基本的な衛星運用負担から運用者を開放することで、衛星データの活用に多くのリソースを配分することが可能になります。

運用性

基本的な運用機能は自立化されているため、運用状況のモニタリングが主な操作となります。自分の運用する衛星が「どのような状態でどこにいたのか」、「どこに向かい」、「何をするのか」を容易に判別できるように、シンプルな画面でメッセージが分かりやすく配置されています。

汎用性

特定衛星の運用に特化したシステムでは、今後予想される大規模なコンステレーション衛星の運用への対応に時間やコストがかかりすぎてしまいます。

MLOSは「特殊システムの一般化」ではなく「一般システムの特殊化」というアプローチを採用することで、一般的なニーズから特殊なニーズまで、幅広く対応することができます。さらに、基盤技術に宇宙航空業界標準のソフトウェアを用いることで、性能に妥協することなく開発コストやランニングコストを抑えます。

弊社取扱製品・サービスに関するお問合せ先

お問合せはお電話か、お問合せフォームよりお願いします